早く仕事を終えて子どもと遊ぼう
子育ての価値を変え、子どもと自由に生きる
鉢健三の公式ブログ

商品はどこまで無料でどこから有料にするのがよいのか?

2020/10/03

今日の気づき

子育ての価値を変え、子どもと自由に生きる!

こんにちは、鉢です!

経済的に自由を得て、子どもと遊びましょう!


今日は、商品を売る際にどこまでを無料にして、どこから有料にすればいいのかをお伝えします。



何かコンテンツを作って売る時にどこからを有料にすればいいのか悩みませんか?


ズバリ、無料にするのはWhatとWhy
有料にするのはHowです。


具体例で説明します。


例えば禿げだった人が髪がふさふさになった方法のコンテンツを売りたいとします。

まず無料の部分です。
私はどんな育毛剤を使っても髪が生えてこなかったのですが、ある育毛剤を使うことで髪がふさふさになりました。なぜならその育毛剤には毛根を活性化する○○という成分が非常に多く入っているからです。この成分を入れるのは今までできなかったのですが、ある技術をを組み合わせることで出来るようになりました。(Why)
実際にこの商品を使った人は90%の人が髪が増えた結果もあります。(What)

次に有料の部分です。
・私が使った育毛剤は具体的には○○です。
・それを約1年間毎日~時に塗りました。しかも風呂上りです。
・また、育毛剤を塗ったあとは15分間のマッサージをかかさず行い血行を促進させます。



ちなみにHowは無料のところに書くとだいたいの人は買う気がなくなります。

なぜなら、具体的なやり方をみると大変さが分かるからです。

無料のところでWhyとWhatで買いたくなる内容を書きましょう!


最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
実はこの鉢健三公式ブログ、
サイトCMS         で作ってます
〇〇がおすすめするサイポンで、サイト制作してみませんか?
\今なら、5ページまで無料!/