早く仕事を終えて子どもと遊ぼう
子育ての価値を変え、子どもと自由に生きる
鉢健三の公式ブログ

不動産投資を始めるために必要な資金

2020/06/24

今日の気づき

子育ての価値を変え、子どもと自由に生きる!

こんにちは、鉢です!

経済的に自由を得て、子どもと遊びましょう!

今日は不動産投資を始めるために必要な資金ついて紹介します!

・物件の価格
・仲介手数料などの諸経費
・保険、修繕費
・購入時に不動産所得税
・固定資産税など維持費

まず、物件の価格ですが、
1000万円の物件があったとします。
銀行から800万円借りられた場合、
頭金200万円が必要になります。

次に諸経費です。
これは物件価格の7%程度かかります。
仲介手数料、登記費用、司法書士費用などです。この諸経費も含めて銀行から融資を受けられることを考えると初期費用が抑えられます。

1000万円の物件を購入するとすると、上記合わせて300万円くらいは必要になります。



次に不動産取得税です。

税額は、物件の構造などによっても違います。

購入してから半年以内に1回きます。




次に保険、修繕費です。

こちらも保険の内容(火災、地震、水害など)、修繕の内容(物件のどこを修繕するか)によってかかる費用が変わります。


次に維持費です。

固定資産税は年に一回払う必要があります。
また、物件のどこかが壊れたりすると直す必要が出てきます。この費用は手元に持っておく必要があります。1000万円の物件だと100~300万円くらいはみておいてもいいと思います。

そうすると、
1000万円の物件を買って、年間に維持費が10~30%かかるとそれを上回る家賃収入が必要になりますよね。

そうすると、
いかにいい物件を安く買うか!
それで実績を積み、
いかに融資を多く受けられるか!

が重要になってきます!




最後まで読んでいただきありがとうございました!








 
実はこの鉢健三公式ブログ、
サイトCMS         で作ってます
〇〇がおすすめするサイポンで、サイト制作してみませんか?
\今なら、5ページまで無料!/