早く仕事を終えて子どもと遊ぼう
子育ての価値を変え、子どもと自由に生きる
鉢健三の公式ブログ

不動産投資で空室をつくらないために

2020/06/30

今日の気づき

子育ての価値を変え、子どもと自由に生きる!

こんにちは、鉢です!

経済的に自由を得て、子どもと遊びましょう!

今日は不動産投資で空室を作らないためにできることを紹介します!

入居者の方から家賃をいただくことで不動産経営は成り立つので、空室をつくらないことは非常に重要です!


では空室をつくらないために出来ることを紹介します!


①多くの不動産サイトに掲載してもらう
②ライバル物件と自分の物件を比較する
③ライバル物件がやっていないことをやる

です!

まず①多くの不動産サイトに掲載してもらう
です。

見る人が多くなればなるほど、入居してくれる可能性が高くなるからです。

ですので、仲介店にSUMOや、アットホームなど多くのサイトに掲載してもらうことを依頼します。

また、地元の不動産屋さんに行ったり、電話で依頼することもやるといいです。
仲良くなれば、紹介してもらえる機会も増えると思います!!

掲載してもらう写真が暗かったり、設備が間違っていたりしないか見ておいた方がいいですね!

次に
②ライバル物件と自分の物件を比較する
です。

ライバルに劣っていて空室になっているかもしれないからです。

そこでまず自分の物件のライバルを明確にする必要があります。

そのためには、自分の物件のターゲットを明確にします。

一人暮らしの学生がターゲットなのか?
入社2~3年目までの若手がターゲットなのか?

自分の物件のターゲットを明確にしたら、次にライバル調査です。そのターゲットが求めている物件はどういった物件か?

家賃は?設備は?

これはSUMOで調査できます!!
SUMO賃貸・設備相場チェッカー

ライバルに対して何を売りにして入居してもらうのかを考えましょう!

家賃が安くて広いのが売りなのか?
価格は少し高いが設備がいいのか?
内装がきれいなのが売りなのか?

売りを決め、どうお金をかけるのかがポイントです


最後に
③ライバル物件がやっていないことをやる
です。


これは例えばペットをOKにする、外国人OKにするなどです。


でもここで気になるのがペットOKにしてうるさいとか苦情がでないか?また、ペットが部屋を汚さないかですよね。

これについては、
・うるさくないような種類や数を契約に書いておく。
・敷金を多めにもらう
ということが考えられます。



また、外国人の場合文化の違いで周りに迷惑がかかるのではないか?家賃の滞納があるのではないか?が心配ですよね?

文化の違いについては契約書に書くことを考えます。

また家賃の滞納については家賃保証会社をつけることでリスクを回避できます。




最後まで読んでいただきありがとうございました!











 
実はこの鉢健三公式ブログ、
サイトCMS         で作ってます
〇〇がおすすめするサイポンで、サイト制作してみませんか?
\今なら、5ページまで無料!/